読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Laravel Meetup Tokyo Vol.8 にいってきました

こんにちは。エンジニアの @localdisk です。9/12 に行われた Laravel Meetup Tokyo Vol.8 で、Laravel 5.3 について発表してきました。

Laravel 5.3 の新機能である Notification のデモをしている僕。

事の起こり

Laracon EU のスピーカー である @freekmurzeさんから

旅行で9月は東京にいるんだけど、よかったら Meetup できないかな? Laracon EU で採択された内容を話したい。ただ、僕は日本語が話せないので英語で話すことになると思うけど*1

というメッセージ Laravel Meetup Tokyo の Doorkeeper 経由で送られてきまして、せっかくなのでやろうという話になったのでした。主な段取りは @kurikazuさん、通訳に @hanhan1978さん。会場は株式会社アイスタイルさんにご提供いただきました。ありがとうございます。

Backing up with Laravel

speakerdeck.com

@freekmurze さんの当日のスライドがこちら。LaraconEU で発表したものに少し修正が加えられています。「こんばんは」がよいですね。唯一喋れる日本語だそうです。

@freekmurze さんが所属している Spatie はベルギーのアントワープにある会社でWebデザインやWebアプリケーションの製作を行っているとのこと。OSS の貢献に非常に積極的で Packagist に 80 のパッケージをあげており、ダウンロード数は100万ダウンロードを超えるそうです。すごい。

spatie/laravel-permissionは私が個人的にお世話になっているライブラリだったり。ありがたや。ありがたや。

今回は今まで作ったLaravelのパッケージと昨年リリースされた spatie/laravel-backup のお話が中心でした。この中で特に印象が残ったことを紹介します。

POSTCARDWARE

「実は僕たちの作ったソフトウエアは無料(タダ)じゃないんだ。使ってみたらポストカードを送ってほしい」と言われてまして。これはなるほど、いいアイデアだなぁと感心してしまいました。OSSの開発をしていると PR や Issue などの手応えを感じることはありますが、ポストカードに感謝の言葉を添えて送るというのはまた違った感慨があるのではないかと思います。

バックアップはちゃんとしよう

ファイルはクラウドにあるから安心とおもってバックアップを怠っているのはよくない。クラウドも死ぬときは死ぬという怖い話。

about Laravel 5.3

最後に15分ほど時間をいただいて、Laravel5.3について発表させていただきました。

speakerdeck.com

Laravel 5.3 へアップデートするモチベーションとして

  • 不便だった Pagination のカスタマイズが楽になる
  • Notification がすごい便利

という話とアップデートする際の注意点として Auth の Route が変わっている点と MySQL の strict モードがデフォルトで true になっているので雑なSQL書いてると挙動が変わるケースがありますという話をしました。

今回の話はブログに詳しく書いていますので気になる方は下記エントリを参考にしてください。

まとめ

終わった後、みんなで集まって写真を撮りました。

久しぶりの Laravel Meetup ですが、色々と勉強になりました。参加した皆様ありがとうございました。

いつもの

PHPカンファレンス2016に参加したPHPエンジニアの方はこちら

*1:めっちゃ意訳。実際は丁寧なメッセージをいただきました